キャッシング

レディースローン

一昔前の金融業者の名称はサラ金(サラリーマン金融)と呼称され、利用者の殆どは男性でした。当時の利息は今では考えられないくらい高く、一度借りてしまうと利息が利息を生んで雪だるま状態となり、借金地獄に陥ってしまうサラリーマンが後を絶たなかったのです。

 

当時は現在のように金融関係の法整備も進んでおらず、支払いが出来なくなると金融業者の厳しい取り立てが悠然と実行されていました。

 

そのような厳しい現実が露わになるにつれ、サラ金に対する世間の目は当然厳しくなっていき、そのような世界に飛び込む女性が皆無であったのは当然の成り行きといっても過言ではありません。

 

時代は流れ、サラ金の名称も消費者金融と改正され、テレビのCMなどで流れるようになりました。法整備も進行し、取り立ての規制や上限金利の抑制などが取り決めされました。また、女性が一番気にする「世間の目」への対策も考えられました。

 

金融業者の窓口へ足を運ぶことは、男性でも躊躇します。そういった人たちのために無人契約機が設置され、世間の目にも対処できるようになりました。

 

また、インターネットやスマホの普及により、今ではweb上で簡単に融資を申し込めるようになりました。これにより、格段に女性の利用者が増加し、今では金融業者の利用者の三割以上が女性という統計が出ています。

女性向けキャッシング

大手の消費者金融は女性を対象としたレディースローンを出しています。女性のオペレーターを置いて女性でも借りやすい金融商品ということで、女性の顧客の囲い込みをはかっているわけです。つまりそれほど女性の顧客が多いということです。

 

利息は男性と比べても安くも高くもありませんが、審査については男性よりも少し甘めになっているように思えます。アルバイトやパートでも審査に通りますし、専業主婦でも夫の承諾があれば融資は可能です。